しろくま写真館

ソニーα99で建築写真やコンビナート、風景を気ままに撮影しています。

名古屋港

CATEGORY

  • このページのトップへ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

新日鉄住金名古屋製鉄所


いつも訪問させて頂いてるブログで拝見して以来、ずっと行ってみたかった場所、名古屋港の塩見ふ頭の先端から新日鉄名古屋製作所を撮影してきました('ω')ノ

新日鉄住金2
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/8 露出時間:10秒 ISO感度:400 焦点距離:210mm レンズ:SAL70300G

距離が1km強もある為、肉眼では「この感じ」を見ることはできません。

狙いたいポイントを探すために持ってきた双眼鏡ではなかなかキレイに見えます。

ファインダー越しでは、いまいちぼんやりしています。。

でも、撮影した画像をモニターで確認すると、ディテールが浮き上がってくるので楽しいです('ω')ノ

新日鉄住金3
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/8 露出時間:5秒 ISO感度:800 焦点距離:300mm レンズ:SAL70300G

もう少し寄ってみました('ω')

ちょっと中を見てみたくなってきます・・・。

新日鉄名古屋製鉄所のホームページによると、見学会を開催しているようです!

しかし、、撮影禁止でした( ゚Д゚)

新日鉄住金1
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/8 露出時間:4秒 ISO感度:800 焦点距離:300mm レンズ:SAL70300G

それにしても、今回現像してみた写真を見比べてみると、露出や色合いなど、現像に迷いが感じられます( ゚Д゚)

夜景やコンビナート撮影時の現像方法は、自分の中でなんとなく方向性があったのですが、最近はなんか違う気がしている訳です。

とはいえ、コレという方向性を見つけられた訳ではありません・・。

もっと勉強が必要ですね('ω')ノ

新日鉄住金4
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/6.3 露出時間:3.2秒 ISO感度:800 焦点距離:250mm レンズ:SAL70300G

調べてみますと、鉄鉱石専用運搬船のようです。

船までちょっと距離がある場所ですが、その大きさは十分に感じられます。

300m超の全長も大きいですが、巾にいたってはマークスの世界最大コンテナ船よりも大きい( ゚Д゚)

近づきたい・・・・

とても素敵なスポットで、ぜひまた訪れたいと思います。

船名:NUS JUSTICE
船籍国:パナマ
総トン数:132,868t
建造年:2012年
全長×巾:329.95m×57.00m

スポンサーサイト

カテゴリー:名古屋港

名古屋港のガントリークレーン


TCB2
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/7.1 露出時間:1/1000秒 ISO感度:400 焦点距離:300mm レンズ:SAL70300G

整列したガントリークレーンも素敵ですが、ガントリーよりもはるかに高い気になるクレーンが2台( ゚Д゚)

今はちょっとセンチメンタルな時期なので、何も考えず港でクレーンを眺めていたい気分です・・・。

カテゴリー:名古屋港

飛島コンテナ埠頭に行ってきました('ω')ノ


TCB1
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/6.3 露出時間:1/400秒 ISO感度:1250 焦点距離:250mm レンズ:SAL70300G

TCB(飛島コンテナ埠頭)に行ってきました('ω')ノ

夢にまで見た敷地潜入(*'ω'*)

とはいっても、公式なイベントです♪

ホントはカリッと晴れた日だと良かったのですが、TCBの敷地内に入れただけで幸せです('ω')ノ

自動化ターミナル&名古屋港では唯一のアウトリーチ59mを誇るスーパーガントリークレーンが設置されているTCB。

よって、写真に写っている門型クレーンにはオペレーターが乗車していません。

どんな感じかっていうと、、、

TCB3

こんな感じで遠隔操作されています( ゚Д゚)

UFOキャッチャーみたいに・・・

カテゴリー:名古屋港

鍋田ふ頭でガントリークレーンの局部アップ2


ガントリークレーン萌えな自分としては、クレーンに接近できる鍋田ふ頭は聖地です(゚Д゚)ノ

141116鍋田ふ頭ガントリークレーンズーム1
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/8 露出時間:1/2秒 ISO感度:400 焦点距離:210mm レンズ:SAL70300G 撮影日時:2014年11月

ずらりと並ぶクレーンやあちこちに架けられている鉄骨階段がヤバいです( ;∀;)

141116鍋田ふ頭ガントリークレーンズーム2
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/6.3 露出時間:1/4秒 ISO感度:800 焦点距離:300mm レンズ:SAL70300G 撮影日時:2014年11月

シャッタースピードを上げ、運転席が静止しているタイミングを狙って撮影しました。

飛島ふ頭北コンテナターミナルのガントリークレーンには、運転席下に取り付けられている照明や拡声器をメンテナンスするスペースが設置されておりませんでしたが、鍋田ふ頭のガントリーには、ちゃんとメンテナンス用のスペースが設けらていました。

141116鍋田ふ頭ガントリークレーンズーム3
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/6.3 露出時間:0.6秒 ISO感度:800 焦点距離:250mm レンズ:SAL70300G 撮影日時:2014年11月

絶対渡りたくない。

でも渡ってみたい、ガントリークレーンのブーム。

ちゃんと先っちょまで手すりが付いているんですけど、恐いです。

でも、渡りたい・・・。

141109鍋田ふ頭地図

↑今回の撮影スポットはこちら。

カテゴリー:名古屋港

鍋田ふ頭でコンテナ船を撮る


141115鍋田ふ頭ガントリークレーン2
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/8 露出時間:1.3秒 ISO感度:400 焦点距離:135mm レンズ:SAL70300G 撮影日時:2014年11月

このふ頭は、海岸からもガントリーに接近できます。

141115鍋田ふ頭ガントリークレーン1
カメラ:SLT-A99V 絞り:f/5.6 露出時間:1/6秒 ISO感度:1600 焦点距離:210mm レンズ:SAL70300G 撮影日時:2014年11月

撮影していると、コンテナ船のふもとに小さな舟を発見しました。

個人の釣り舟のようです。

どうやら、コンテナ船のまわりには魚があつまるようで、魚をゲットする為に、このように舟で接近するそうです。

動機は違いますが、コンテナ船に接近しようとしているのは自分も一緒です。

釣り人のロケーションを求めるアグレッシブな姿勢には前々から感心しておりましたが、自前で舟を用意するとは恐れ入りますわ(゚Д゚)ノ

こうゆうのを見ると、「α7Sと釣り舟の組み合わせなら手持ちで・・・」とか、いらんこと考えてしまいます。


船名:CAPE FRANKLIN
船籍国:マーシャル諸島
総トン数:15995t
建造年:2006年
全長×巾:170.15m×25m

141109鍋田ふ頭地図

↑今回の撮影スポットはこちら。

カテゴリー:名古屋港

プロフィール

しろくま

Author:しろくま
ソニーα99で建築写真やコンビナート、風景を気ままに撮影しています。

■使用カメラ
ソニー α99
ソニー α7Ⅱ
シグマ DP1 merrill
オリンパス stylus1

■活動拠点
愛知県を中心に東海地方

■リンクについて
このブログはリンクフリーです☆
気に入って頂けましたらお気軽に♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。